予備校での教育映像の制作を行うと、一定レベルの講義内容を常に生徒に提供できる点が大きなメリットです。
一般的な予備校では多数の講師が授業を受け持つため、教え方のレベルが様々です。
生徒にとっては受ける授業によって講師の差を感じる可能性もあり、不公平感が生まれることもあります。
予備校にとっては講師の質は評判を左右し、生徒募集にも大きな影響を及ぼします。
映像による授業は、そういったデメリットを解消する一つの方法です。
特定講師の授業を映像化することで、質の高い講義を常に受けることができます。
人気講師の授業は多くの生徒が受けたいと思うものですが、それを可能にするのが映像制作です。
また、一回の授業で理解できないことも、映像であれば何度も繰り返して観ることで復習しやすい学習環境を作ることが可能です。
自宅でも受講が可能であり、一人の講師の授業を縦横無尽に活用できるのが映像教育の大きな特徴です。
一般的な予備校では講師に対する人件費が必要経費の大きな割合を占めますが、映像を利用すれば人件費削減という点からも効率的です。