動画広告としては昔はテレビのCMなどが鉄板でしたが、最近ではインターネットの普及に従ってWeb動画広告の制作にシフトするところが増えてきました。映像制作のコストも安くなってきており手軽に作れるのがメリットですが、Web上の動画は単純に視聴する以外の行動へとシフトしやすいのも特徴です。

Web上の動画に関しては従来のテレビCMにはないインタラクティブ性があり、サイト上から直接購入サイトなどへと導入させることが簡単なのはメリットでしょう。また動画広告に限ったことではありませんが、Web上の広告は最近だと解析ツールなどによって即時に視聴者のデータを得ることができ、反映しやすいのもメリットです。Web上の滞在時間に関しても活字のみのコンテンツや広告と比べると、Web動画広告は滞在時間も長くなるというデータがあります。ブランドイメージなども動画によって伝えやすくなり、相互的なコミュニケーションツールとしても有用なのでWeb動画広告は積極的に活用していきましょう。