学校や予備校が映像制作の導入を検討しているいう実態も増えています。
教育を映像制作によって行うことは、運営側と生徒側の両方にメリットがあります。
運営側のメリットとしては、コストパフォーマンスの高さが挙げられます。
講師を校舎に呼ぶ必要がないため、交通費もかからず、また質の高い講師の授業を何度でも利用することができます。
講師のレベルは予備校や塾の評価に直接つながるため、良質の授業を常に生徒に提供できることは評価を高める上でも有益です。
一方、生徒側にとっても、校舎に通う必要がないため労力の削減につながります。
現役生であれば通常の学校があり、それが終わってから予備校や塾に足を運ぶのは時間的にも労力的にもかかるものです。
映像を使った授業であれば自宅受講が可能で、しかも自分のペースに合わせていつでも映像を見ることができます。
交通費も足を運ぶ必要もなく、通常の生活ペースの中で学習に取り組むことが可能です。
映像を再生することで、繰り返し受けることもできるため、わからない部分の確認作業や反復学習を容易するのもメリットです。