社員教育用の映像制作を行うと社員教育に大変効果的です。動画は視覚に訴える事ができるので、文字や言葉で説明しにくい場面、たとえば実際の作業現場などを確認してもらうなどの利用に適しています。目で見た方がわかりやすい事を、文字や言葉で説明をするのは至難の業です。現場をすぐに見学できるなら直接現場に連れて行く方がよいですが、現場が離れていたり、作業中に近づくのは危険な場面のほうが多いので、社員教育用の映像制作をして、社員に動画で確認させるのがよいでしょう。
動画による教育は比較的、受講者の負担が少なく、何度でも確認して視聴出来るのも利点です。新人教育などでまず動画を見てもらい、一通り映像で確認してから、本格的にテキストを使って教育を行うのがよいでしょう。本を開いて勉強をするのは若干敷居が高く、その仕事に積極的な興味がない限りストレスを感じやすいものです。なるべくリラックスをした環境で教育を始めた方がよいので、要所要所で適切に動画を用いるのが教育の成果を高めるのに役立ちます。