接客を行う従業員を採用した際に、動画制作でのマニュアル教育は、効率的です。
基本的なマナーや接客方法などを動画で伝えることで、全ての従業員に対して均等内容の教育ができます。
マンツーマンによる教育の場合は、教える人によって教育内容に個性が出る場合もあり、均一な接客態度が要求される基本マナーを教える場合に不都合が生じることもあります。
お客様に対する対応がそれぞれで違っていれば、お客様にとっては従業員によってサービスに差が出ることも考えられ、その店の評判を下げることにもつながりかねません。
もちろん接客対応において個性は大切ですが、基本的な言葉遣いやマナーがバラバラであれば、店としての信用を得にくい状況も考えられます。
全てに共通する基本的な接客対応について動画による知識を身につけてから、その後に個別の指導に当たればスムーズな従業員教育も可能になるでしょう。
動画制作のメリットは、その具体性にあります。
映像で伝えることができるため、言葉で伝えるよりも記憶として鮮明に残る可能性が高いです。
そのことが、接客対応の高レベル化につながる期待が持てます。
従業員にとっては、脳裏に残った映像イメージによって基本的な接客対応が自然に身につきやすくなります。
そのためには、動画の内容を興味の持てるストーリーなどを組み入れていくような工夫も効果的です。