新入社員やアルバイト、パートなどの研修や教育に動画を活用する企業が増えていますが、中でも教育用の動画制作に力を入れているのが、複数の店舗を展開しているサービス業です。どの店舗でも同じサービスを提供するためにはマニュアルが必要となりますが、動画を使って説明することで、より具体的な指導ができるからです。同じ教育を行うために、指導する社員を全国に派遣する企業もありましたが、動画を活用することで、どの店舗でも同じ水準の指導ができるため、経費も削減できます。
マニュアルを教育用動画に置き換えることで、接客について、より具体的な指導ができるというメリットもあります。現場の社員を使って接客の実演風景を盛り込むことで、見る側の関心や集中力を高めることもできます。
実演による教育用動画の制作をする場合には、何を伝えたいかをしっかりと抑えて製作することがポイントになってきます。そのためには、教育する側と動画制作を行う側がコミュニケーションを取ることが重要です。