企業の顧客新規開拓や人材獲得に効果的な方法のひとつに、ネットでのWEB動画の掲載が挙げられます。
動く映像は、見る人に与えるインパクトや印象はダイレクトに届くため、訴求力が大幅に増します。
しかし、残念なことに、せっかくの動画制作が逆効果になってしまう場合もあります。
それは、いわゆる「だらだら」動画を見せられてしまうことです。
興味を持っていただき、せっかくクリックしていただいたのに、内容にまとまりのない、途中で飽きさせてしまうような動画では、きっと「時間をうばわれた!」とがっかりすることでしょう。
これらに陥らないための、動画制作のポイントは、「短時間で特徴を伝える」ことです。
そのためには、素人の判断で作成するのではなく、映像制作のプロフェッショナルにかかわってもらい、気づいていなかったアピールポイントを掘り起こしてもらうのです。
それをコンパクトにまとめ上げるのです。
具体的には、インタビュー形式で進行する形式などで、閲覧者をぐいぐいと引き込んでいくことからお勧めします。